C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

CATIA_V5

「サブツリー」コマンド

マクロで「サブツリーを開く」を行いたい と御質問を頂きました。 結論を先に書くと出来なさそうです。が、その他調べた事を覚書しておきます。今まで利用した事が無かったのですが、メニューの「表示」内に「サブツリー」が あるのを知りませんでした。 試した所、ちょっと…

子ウィンドウの整列スタイル

御質問頂いた際、正直何のことかわかりませんでした。 が、調べたら理解できました。(最初はパターンの何か? かと思いました)要は、ここの表示の切り替えをマクロで行いたいと言う事ですよね? 'CatArrangeStyleテスト Sub CATMain() Call CATIA.Windows.Arrange(Ca…

データム化された要素の入っている形状セットの取得

”マクロがPCによって動くものと動かないものがある”と相談を頂きました。 状況が良くわからないので、完全な答えには辿り着けない可能性も有りますが。。。点を選択後、点の含まれている形状セットの取得部分が問題のようです。まず、こんなデータを用意しました。 …

ファイルを最小化でオープンしつつ、オープン前のウィンドウをアクティブ化

「パワーコピーのPartファイルを最小化で開きつつ、開く前のアクティブな'ウィンドウをアクティブ状態にする」 と言う内容のご相談を頂きました。正直な所、どのような操作を想定されているのかが、把握できていない為 目的の状態になっていない可能性もありますが・・・ 'vba Sub C…

DrawingTextの中心座標

DrawingTextの中心座標を取得したい との記載を見て思い付きで書きました。 Size of the textbox on a drawing - DASSAULT: CATIA products - Eng-Tips 最初に、”遅いよ” って書いたんですけどね。リトルクトゥルフさんがアッサリ答えを書いてくれました。 ・・…

VBA 言語環境による挙動の違い

先日のマクロですが、上手く動かないらしいのです。 draw with a catia all the Dual Geodesic Icosahedra - DASSAULT: CATIA products - Eng-Tips原因が良くわからないのですが、CATIAのリリース違いが 影響するような程の最新の機能は使っていないはずです…

Dual Geodesic Icosahedra3

こちらの続きです。 Dual Geodesic Icosahedra2 - C#ATIA完成したので、テストデータと共にGrabCADにUpしました。 恐らく誰にも役には立たないでしょう。 3D CAD Model Collection | GrabCAD Community Library 結局一番苦労したのは、正規表記のパターンでした…

Dual Geodesic Icosahedra2

こちらの続きです。 Dual Geodesic Icosahedra - C#ATIA結局、格好悪い方法で挑戦中。 やっと形になるようにはなりました。 但し、自己交差しているタイプのもので、何面か抜けるものがあり 原因調査中。 接合するわけじゃないので、自己交差が原因の訳では…

Dual Geodesic Icosahedra

こちらに楽しそうなネタが。 draw with a catia all the Dual Geodesic Icosahedra - DASSAULT: CATIA products - Eng-TipsリンクされているHelpのページ・・・探しましたよ。 GSDの真ん中ぐらいにありました。何処にマクロがあるのかな? と思っていたらExcel…

ThickOnTheFly2

こちらの続き? です。 ThickOnTheFly1 - C#ATIA こちら作りかけて止めました。続けてもいないのですがコードを 記載していなかったので・・・・。 正直な所、変数・関数名等が酷いのですが、直す気力がありません。 'vba using-'KCL0.0.12' '動的にボディの厚みをS…

DMUスペースアナリシスのセッション2

こちらのh2さんのコメントで、非常にありがたい情報を頂きました。 DMUスペースアナリシスのセッション - C#ATIA結論から書くと、当方は素のHD2で DMU スペース・アナリシス のライセンス無しですが セクションの作成が出来ました。 恐らく、 Set s = Sect.Export の状態は、Partファイ…

DMUスペースアナリシスのセッション

「DMUスペースアナリシスのセッションを利用して、多くの断面を取得したい」 と御相談を頂きました。 が、当方にはDMUスペースアナリシスのライセンスが無い為、手も足も出ないのが 本音なのですが、過去にこちらを試した事があったため 出来る限りのことは記載しておきます。 技術的な…

モデル再インポート機能

客先からデータが支給された、後に変更後のデータと差し替える 事になった場合、変更箇所を見付け出すためにこちらのマクロを 作りました。 二つのボディ/形状セットを比較して、差分を抽出する2 - C#ATIA機能はしているのですが、やはり遅いです。(でも使って…

オフセット平面をリネーム2

こちらの続きです オフセット平面をリネーム - C#ATIAimihitoさんから指摘された部分を修正し、座標系平面からの オフセット平面も対応させました。 'vba Part_OffsetPleneRename_ver0.0.2 using-'KCL0.0.12' by Kantoku Option Explicit Sub CATMain() 'ドキュメントのチェック If …

オフセット平面をリネーム

オフセット平面をそれなりの名前に変更するマクロです。 元々持っていたマクロなのですが、あまり使っていませんでした。 最近使ったのでコードを綺麗に直しました。"それなりの名前に" なのですが、サンプルとしてはこんな感じです。 平面1(黄色)-XY平面からオフセッ…

注記内の指定文字を削除する

こちらのコメントで、CATIAの質問を頂きました。 CAD Exchanger Cloud - C#ATIA久々に挑戦しました。 'VBA '3D注記の指定文字を削除する by Kantoku Option Explicit Sub CATMain() Dim keys As Variant '削除対象文字 keys = Array(".", "_") '************* Di…

クリックした点の座標値を外部ファイルにエクスポート

こちらでコメントを頂いたので、リハビリがてら作ってみました。 Excelフォームボタンからマクロの起動 (未確認) - C#ATIA 'vba sample_ExpPointPos_ver0.0.1 by Kantoku '選択した点の座標値をファイルにエクスポート Option Explicit '*** エクスポートするフォーマットを設定して下さい *** 't…

欠けた三面図

劇的に難しかった・・・ CATIAじゃ成立しない。

勾配面1

今年に入り、Fusion360ばかり褒めているので…。XY平面に円を描き、パッド(対称で)し、Y軸を回転軸として XY平面を20度回転させます。 この回転させた平面を基準として減肉方向に5度勾配を付けます。 もう、何も迷う必要が無くすんなり出来ます。 そして、金型…

ロフトのプロファイル

Fusion360を練習をしていて感じたのが、この形状。 随分と慣れたのですが、これ苦手なんですよ。 3Dでどんな形状しているのか? 直ぐに認識できないんです。こちらのサイトの一番下のPDFの過去問題の中の 問2の形状の一部にあります。 3次元CAD 使用できるソフ…

くぼみ/突起を伝播

普段、CATIA V5 は R2015(R25)を使用しているのですが、 GSDの抽出コマンドの伝播タイプ 「くぼみ/突起を伝播」 知りませんでした・・・。 Help見ても、記載無いし。(R2017のHelpには記載有りました)普段、複合抽出しか使わないので気が付きませんでしたよ…

円錐上の2点間最短経路

練習が嫌になりすぎ、こちらを思い出しました。 CATIA V5 掲示板「お知恵を拝借」となっている問題です。もう、十年以上も前なんですね。 単刀直入に、円錐上の2点間を1周する最短経路を線で作る問題です。当時、 "標準的な機能では作れない" と言う雰囲気に…

プロファイルの考え方の違い

キートスさんのパートの練習問題を練習したので、GrabCADに Upしてみました。 キートス -Kiitos- | CATIA V5 無料テキスト 前半は物足りないし、後半は履歴がぐしゃぐしゃで既に練習すべき 形状じゃないような気もしてますが・・・。こちらで「むしろCATIAよ…

コマンドID

あけましておめでとうございます。 今年もコンセプトがブレたまま、マイペースでやってまいります。 CATIAのインストールフォルダ内に [.CATNls] の拡張子のファイルがあるのをご存知でしょうか? 恐らくですが、これらのファイルは画面上に表示されている文字類を 設定す…

差分を抽出をもう少し掘り下げたい

こちらのsauvignon1962さんからコメント頂いた件ですが、 折角なので画像も有った方がわかりやすいかな? と思い記載します。 二つのボディ/形状セットを比較して、差分を抽出する2 - C#ATIACATIAでまともな図面を描くことが無いのですが、 僕の場合であれば、ほ…

一本のスケッチラインで押し出す

Fusion360を練習していてちょっと感じたのですが、 こんな感じで離れたボディ同士にフィレット付けたい時 ありませんかね? カバーみたいな製品で、円柱部分は部品取り付けボルトの為の ボス形状を付けたい時とか。CATIAの場合、2面を指定する [フェースフェースフィレッ…

短時間でクリスマスツリー

以前、海外の方が一人でCATIAのTips動画を100本ぐらいUpされていました。 内容的には幾つか知らない操作があった程度だったのですが、 CADのサイズを小さくしての録画だった為、何のコマンドを使用しているのか? と思った際、アイコンが見えていたので非常にわかりや…

スパインの理解

先日、思うところがあったため折角の機会だと思い・・・。"スパイン" について説明がされているサイトを見かけないので、 僕なりの理解を記載しておきます。 (違うよ ってご意見等有りましたらよろしくお願いします) 実際に検索してみると CATIA やUGNX など…

背景色を変更・復元する3

こちらの続きで、保留していた宿題です。 背景色を変更・復元する2 - C#ATIAご要望としては、PartでもProductでも同様の処理を行いたい と言うことなので、修正してみました。PartDocumentの取得方法を変更する必要があるため、 こちらの部分を修正します。 …

コッホ曲線を描く

こちらの12年も前の記事なのですが、楽しそうなので CATIAで行ってみました。 再帰プログラムによるフラクタル図形の描画:CodeZine(コードジン) 'vba sample_Koch_Curve_ver0.0.1 using-'KCL0.0.12' by Kantoku 'xy平面上にコッホ曲線を作成します 'https://…