読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

Space-e

Space-eネイティブファイルをSatファイルにD&Dで変換するスプリクト

イロイロと紆余曲折ありまして、Space-eをバージョンアップしVer5.5が 使える事になりました。 時間が無いのであまり触っていませんが。僕は予定が無いのですが、Space-eネイティブファイル(.mdp)をACISファイルに 変換したいと言うお話が社内にありまして、どうせならCADの オペレー…

精度過剰による弊害

予め書いておきますが、今回は非常に個人的な意見で単なる愚痴です。 CATIA V5のCADとしてのトレランスは0.001mmだと言うことは、何となく知っては いるのですがSpace-eのトレランスは幾つなのか知りません。一つだけ目安になりそうな方法が、エクスポートしたIgesのヘッダー(ク…

Space-e D&Dでファイル変換するスプリクト

気が付いたら、今月は一度もブログを書いていませんでした。 (案外、業務以外の事が忙しい・・・) 以前、CATIA V5でD&Dでファイル変換するスプリクトを作成しました。 D&DでIgesファイルを変換する(オマケ付き) - C#ATIA 業務では他にSpace-eと言うCADCAMを利用しているの…

ACISフォーマットには、レイヤー情報は入っていないのではなかろうか?

こちらのサイトの "SPACEの井戸" のNo.1886 "Re: Class情報は入りますか?" に書いた検証内容です。 (有)ディテック 鋳物,鋳造木型,鋳造,木型,モデル,CAD,モデリング,NC加工 普段Space-eと言うCADCAMを使用しており、試しました。 保守を切ってしまって…