C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

VBA

困惑するオフセット平面を作成

タイトルだけでは伝わりにくいのですが、先日行った作業用対策のマクロです。 (他人には役に立たないと思います)結果的にはオフセット平面を作成するだけなのですが、何といいますか面倒なんです。 赤色はXY平面、黄色はZX平面で紫色のBodyの面はZX平面と平行です。 紫…

GetDirectionが上手く行かない2

こちらの続きです。 GetDirectionが上手く行かない - C#ATIAimihitoさんからのアドバイスを頂き、こんな風にしてみました。 (これだけじゃ動きません) 'vba '平面法線 Private Function GetPlaneDirection(ByVal pln As Plane) As Variant Dim pln_vari As Va…

GetDirectionが上手く行かない

平面の向きを取得したいだけなのですが、SPAWorkbenchのGetDirectionが エラーになり上手く行かないです。 確かに使った事無いんですが・・・。 'vba これは一部なのでこれだけじゃ動かないです '平面情報 'return 0-Distance 1-p1_Direction 2-p2_Direction Priva…

参照かつ外部とのスケッチ拘束を削除する

自分が作業して欲しくなったので突貫で作りました。こんなスケッチ1を作ります。 続いて、こんなスケッチ2を作ります。 基本的にスケッチ1が変更されても、スケッチ2の形状は影響は有りません。 但し、"オフセット.20" はスケッチ1に対して参照の拘束が付いています。 まぁクリアランスを確…

スケッチの拘束の参照を切り替える

少し前に作成したこちらのマクロ、使いにくくてしょうがない。 クリックしたスケッチ点にHVの拘束を付ける - C#ATIA 何処かに、拘束が重複しないように整えてくれるマクロ、落ちてないでしょうか? (標準な機能では無いですよね?)非常に下らないのですが、スケッチの拘束…

クリックしたスケッチ点にHVの拘束を付ける

何となく、近い将来必要に迫られる気がしたので、作りました。 スケッチャーWB時のみ、クリックしたスケッチの点に原点からHとVの 拘束を付けます。 'vba 選択したスケッチの点にHVの拘束を作成 using-'KCL0.0.12' Sub CATMain() 'ワークベンチチェック If Not CATIA.GetW…

方向反転判断しながら平行曲線作成

"GSDのサポートを指定した平行曲線マクロが上手く行かない" とご相談頂きました。 こんな感じでしょうか? まず、実際にマクロの記録を取ってみます。 'catvba Sub CATMain() Dim partDocument1 As PartDocument Set partDocument1 = CATIA.ActiveDocument Dim par…

選択面の抽出

「抽出を行いたいが、選択面のみにならずに全体の面になってしまう」 と、ご相談を頂きました。面の選択の際のフィルターの問題かと思ったのですが、どうやら違うようです。 こちらで確認した所、これであれば選択面のみの抽出が出来ています。 'vba Sub CATMain(…

「サブツリー」コマンド

マクロで「サブツリーを開く」を行いたい と御質問を頂きました。 結論を先に書くと出来なさそうです。が、その他調べた事を覚書しておきます。今まで利用した事が無かったのですが、メニューの「表示」内に「サブツリー」が あるのを知りませんでした。 試した所、ちょっと…

子ウィンドウの整列スタイル

御質問頂いた際、正直何のことかわかりませんでした。 が、調べたら理解できました。(最初はパターンの何か? かと思いました)要は、ここの表示の切り替えをマクロで行いたいと言う事ですよね? 'CatArrangeStyleテスト Sub CATMain() Call CATIA.Windows.Arrange(Ca…

データム化された要素の入っている形状セットの取得

”マクロがPCによって動くものと動かないものがある”と相談を頂きました。 状況が良くわからないので、完全な答えには辿り着けない可能性も有りますが。。。点を選択後、点の含まれている形状セットの取得部分が問題のようです。まず、こんなデータを用意しました。 …

ファイルを最小化でオープンしつつ、オープン前のウィンドウをアクティブ化

「パワーコピーのPartファイルを最小化で開きつつ、開く前のアクティブな'ウィンドウをアクティブ状態にする」 と言う内容のご相談を頂きました。正直な所、どのような操作を想定されているのかが、把握できていない為 目的の状態になっていない可能性もありますが・・・ 'vba Sub C…

DrawingTextの中心座標

DrawingTextの中心座標を取得したい との記載を見て思い付きで書きました。 Size of the textbox on a drawing - DASSAULT: CATIA products - Eng-Tips 最初に、”遅いよ” って書いたんですけどね。リトルクトゥルフさんがアッサリ答えを書いてくれました。 ・・…

VBA 言語環境による挙動の違い

先日のマクロですが、上手く動かないらしいのです。 draw with a catia all the Dual Geodesic Icosahedra - DASSAULT: CATIA products - Eng-Tips原因が良くわからないのですが、CATIAのリリース違いが 影響するような程の最新の機能は使っていないはずです…

Dual Geodesic Icosahedra3

こちらの続きです。 Dual Geodesic Icosahedra2 - C#ATIA完成したので、テストデータと共にGrabCADにUpしました。 恐らく誰にも役には立たないでしょう。 3D CAD Model Collection | GrabCAD Community Library 結局一番苦労したのは、正規表記のパターンでした…

ThickOnTheFly2

こちらの続き? です。 ThickOnTheFly1 - C#ATIA こちら作りかけて止めました。続けてもいないのですがコードを 記載していなかったので・・・・。 正直な所、変数・関数名等が酷いのですが、直す気力がありません。 'vba using-'KCL0.0.12' '動的にボディの厚みをS…

DMUスペースアナリシスのセッション2

こちらのh2さんのコメントで、非常にありがたい情報を頂きました。 DMUスペースアナリシスのセッション - C#ATIA結論から書くと、当方は素のHD2で DMU スペース・アナリシス のライセンス無しですが セクションの作成が出来ました。 恐らく、 Set s = Sect.Export の状態は、Partファイ…

DMUスペースアナリシスのセッション

「DMUスペースアナリシスのセッションを利用して、多くの断面を取得したい」 と御相談を頂きました。 が、当方にはDMUスペースアナリシスのライセンスが無い為、手も足も出ないのが 本音なのですが、過去にこちらを試した事があったため 出来る限りのことは記載しておきます。 技術的な…

オフセット平面をリネーム2

こちらの続きです オフセット平面をリネーム - C#ATIAimihitoさんから指摘された部分を修正し、座標系平面からの オフセット平面も対応させました。 'vba Part_OffsetPleneRename_ver0.0.2 using-'KCL0.0.12' by Kantoku Option Explicit Sub CATMain() 'ドキュメントのチェック If …

オフセット平面をリネーム

オフセット平面をそれなりの名前に変更するマクロです。 元々持っていたマクロなのですが、あまり使っていませんでした。 最近使ったのでコードを綺麗に直しました。"それなりの名前に" なのですが、サンプルとしてはこんな感じです。 平面1(黄色)-XY平面からオフセッ…

注記内の指定文字を削除する

こちらのコメントで、CATIAの質問を頂きました。 CAD Exchanger Cloud - C#ATIA久々に挑戦しました。 'VBA '3D注記の指定文字を削除する by Kantoku Option Explicit Sub CATMain() Dim keys As Variant '削除対象文字 keys = Array(".", "_") '************* Di…

クリックした点の座標値を外部ファイルにエクスポート

こちらでコメントを頂いたので、リハビリがてら作ってみました。 Excelフォームボタンからマクロの起動 (未確認) - C#ATIA 'vba sample_ExpPointPos_ver0.0.1 by Kantoku '選択した点の座標値をファイルにエクスポート Option Explicit '*** エクスポートするフォーマットを設定して下さい *** 't…

コマンドID

あけましておめでとうございます。 今年もコンセプトがブレたまま、マイペースでやってまいります。 CATIAのインストールフォルダ内に [.CATNls] の拡張子のファイルがあるのをご存知でしょうか? 恐らくですが、これらのファイルは画面上に表示されている文字類を 設定す…

背景色を変更・復元する3

こちらの続きで、保留していた宿題です。 背景色を変更・復元する2 - C#ATIAご要望としては、PartでもProductでも同様の処理を行いたい と言うことなので、修正してみました。PartDocumentの取得方法を変更する必要があるため、 こちらの部分を修正します。 …

コッホ曲線を描く

こちらの12年も前の記事なのですが、楽しそうなので CATIAで行ってみました。 再帰プログラムによるフラクタル図形の描画:CodeZine(コードジン) 'vba sample_Koch_Curve_ver0.0.1 using-'KCL0.0.12' by Kantoku 'xy平面上にコッホ曲線を作成します 'https://…

背景色を変更・復元する2

こちらの続きです。 背景色を変更・復元する - C#ATIA"パラメータを作成するのに処理時間がかかる" との事でしたので、 代案として、XY平面に元の背景色をバックアップする事にしました。又、Formのボタンで操作可能なもののサンプルにして見ました。まず、新作したFormに…

StartCommandとRefreshDisplay

別のものを作成しているうちに気が付いたので覚書なのですが、 ひょっとしたら既出なのかも知れません。 CATIAのマクロでは、全てのコマンド類を実行する為の関数類が提供されて いるわけではないのですが、 CATIA.StartCommand xxxx(コマンド文字列) を利用すると、…

背景色を変更・復元する

タイトルが異なりますが、こちらの続きです。 画面キャプチャをクリップボードに保存する - C#ATIA単に背景色を切り替えるマクロです。 但し元の背景色に復元出来る様に、変更前の背景色RGBをパラメータに 保存しています。 (外部ファイルや何処かのプロパティに書き出すより、自然かと…

画面キャプチャをクリップボードに保存する

「CATIAで背景色を白にした状態で、画面のキャプチャをクリップボードに取得したい」 と相談を頂きました。クリップボードではなく、ファイルとしてであればこちらの方法がお手軽かと 思います。 背景の設定を維持しつつ背景を白でキャプチャを行う | PLM Tips Magazine 'vba…

CATIAのマクロをDotNetで作る事をオススメしない理由

MVVMお勉強中ですが、イヤになってきたので久々にC#でCATIAの マクロをちょっと作ろうかなぁ と思ったのですが、諦めました。何時かは書こうかと思っていたので、折角の機会なので。 1.マクロの記録が取れない 結構重要です。 個人的には各コマンド類(~Factory.AddNew…