C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

Fusion360APIでLine Arc Nurbsを作成してみる2

こちらの続き Fusion360APIでLine Arc Nurbsを作成してみる1 - C#ATIA少しマシになりましたが、ちょっと遠回りだな… #FusionAPI_python #Author-kantoku #Description-CurvesTest2 #Line Arc Nurbs作成テスト import adsk.core, adsk.fusion, traceback _app = a…

Fusion360APIでLine Arc Nurbsを作成してみる1

こちらの続き Fusion360APIでNURBS曲線を作成してみる3 - C#ATIALine Arc Nurbsの各種入ったIgesをこちらにUpしました。 GrabCAD - CAD library (ファイル名:nurbs_curve_3d_sample1.igs)閉じた円弧はArc3Dでは都合悪いかも知れませんが(未テスト) sire…

Fusion360APIでNURBS曲線を作成してみる3

こちらの続きです。 Fusion360APIでNURBS曲線を作成してみる2 - C#ATIA前回のものを修正し、より実践的なNURBS曲線を作ってみます。 耐え切れなかった為、こちらにサンプルデータをUpしました。 GrabCAD - CAD library CATIAで作成した曲線と、確認用に押出しした…

Fusion360APIでNURBS曲線を作成してみる2

こちらの続きです。 Fusion360APIでNURBS曲線を作成してみる - C#ATIA前回スプリクトで作成したNURBS曲線の方法では、不要なコントロールポイントが 削除し切れなかったのですが、思い付きで遠回りな方法を行ったら 意図していた結果となりました。 #FusionAPI_python #Au…

Fusion360APIでNURBS曲線を作成してみる

避けては通れないNURBS曲線のスプリクト作成ですが、 困った程にサンプルが見当たりませんでした。手探りまくりでようやくこのようなコードが出来上がりました。 #FusionAPI_python #Author-kantoku #Description-NurbsCurve3D_Test1 #Nurbsカーブ作成テスト import adsk.c…

siren v0.14 線の情報を取得する2

時間が無い。 こちらの続きです。 siren v0.14 線の情報を取得する - C#ATIA曲線を扱う以上、パラメータを取得したかったのですが こちらの説明の first last params が反応しませんでした。 class Edge · dyama/mruby-siren Wiki · GitHubサンプルコードにパラメータの取…

問題を解決したい・・・

先月末辺りから再びsiren(mruby-siren)に再挑戦しているのですが、 その理由は、これらの問題をsirenを利用すれば解決できるかな? と思い付いたからです。解決済み: igesライン(カーブ)データのインポート - Autodesk Communitystp形式等のファイルを読み…

siren v0.14 線の情報を取得する

既にタイトルがあやふやですが、こちらの続きです。 siren v0.14 線の種類を判断する - C#ATIA実際には使わない事になりそうな・・・ あぁ後々の為の練習です。 #Siren_script include Siren fName = "/curves" $inPath = ARGV[0] + fName + ".igs" $exPath = AR…

siren v0.14 NURBS曲線2

こちらの続きです。 siren v0.14 NURBS曲線 - C#ATIA以前はIgesを読み込み、読み込んだ曲線をそのまま書き出していましたが 今度は読み込んだ曲線から各要素を読み取り、コントロールポイントのみを2倍にし 新たな曲線をsirenで作成し書き出してみました。 #!siren # …

siren v0.14 NURBS曲線

どちらかと言うと、こちらの続き。 siren v0.13 NURBS曲線・Bスプライン曲線 - C#ATIAgithubにUpされていた数値をそのままお借りして再挑戦しました。 #!siren # coding: utf-8 include Siren fName = "/nurbu3" $inPath = ARGV[0] + fName + ".igs" $exPath…

siren v0.14 線の種類を判断する

こちらの続きです。 siren v0.14 を試してみました - C#ATIA開発者の方にちょっとサンプルコードを書いていただいたのですが、 回答として書いて頂いたこと以上に、重要な方法がサンプルに入っていました。 #Siren_script Export_Curve_Test include Siren fName = "…

siren v0.14 を試してみました

こちらの続きです。 siren v0.13 線の種類を判断する - C#ATIAsirenをv0.14にして頂きました。 Release siren v0.14(draft version) binary package for MS-Windows · dyama/mruby-siren · GitHubナカナカ取り掛かれ無い為、前回のスプリクトをv0.13とv0.14で 実行し…

siren v0.13 線の種類を判断する

こちらの続きです。 siren v0.13 線の種類を判断したい - C#ATIA業務が忙しく・・・。 こんな感じのデータを作り、Igesでエクスポート。 "直線" "円弧" "曲線" "点" "サーフェス" "ソリッド" が 混在しています。 このIgesから境界線等ではない 純粋な線の要素を抜き出しま…

siren v0.13 線の種類を判断したい

こちらの続きです。 siren v0.13 NURBS曲線・Bスプライン曲線 - C#ATIA通過点を指定するスプラインを試したところ出来たので、 NURBS曲線・Bスプライン曲線はちょっと諦める事にしました。次に線が "直線" "円弧" "曲線" を判断出来るようにしたい 所なんです。こん…

siren v0.13 NURBS曲線・Bスプライン曲線

こちらの続きです。行き詰まり感たっぷりなのですが、ちょっと試してみたい事が あったので引き続き挑戦。こちらの何でもない3Dな曲線をCATIAで作成しIgesでエクスポート。(curve1.igs) 続いてSirenスプリクトをこんな感じで作成します。 # include Siren fName = "/c…

siren v0.13 再び挑戦してみる2

こちらの続きです。 siren v0.13 再び挑戦してみる - C#ATIA既に諦めかかってます。 欲しかったのは3Dな曲線で NURBS曲線・Bスプライン曲線辺りです。GitHubの "シェイプ生成メソッド" を参考に テストされたスプリクトコードを 試しているのですが、上手く出来ないで…

siren v0.13 再び挑戦してみる

昨日ちょっと良い事を思いついたので、1年半ぶりぐらいにsirenに 再挑戦する事にしました。以前利用させてもらった時は "v0.11" だったのですが、 最新版は "v0.13" です。こちらで作ったsirenスプリクト実行用vbsを参照先パスだけ 変更したのですが、ダメでした。…

3Dの点をリンク付きでスケッチ投影

COEでこちらの記述を見て、作ってみました。 http://www.coe.org/p/fo/st/thread=29815レスしたものはインデントが消えてしまっているので Sub CATMain() 'HybridBody-Points Dim HBdy As HybridBody Set HBdy = SelectItem("Select a HybridBody : ESC = Cancel",…

二つのボディ/形状セットを比較して、差分を抽出する2

こちらの続きです。 http://kantoku.hatenablog.com/entry/2016/11/24/173743 http://kantoku.hatenablog.com/entry/2017/07/19/190425原因を突き止め切れていないのですが、結果が総当りと 一致するようになりました。まずは、本マクロのエントリーポイントを持つ標準モ…

バッチ処理前にマクロでモデルをチェックする

久々にPowerMillのマクロです。 かなり忘れています。PowerMillで苦労している部分は多々あるのですが、 一番精神的にダメージを受けるのが、モデルのインポート。お互いイロイロとライセンスが無い為、Igesで受け渡しを行っています。 どうやら苦労されているのは、僕だけではな…

差分を抽出マクロ修正中

こちらの続きです。 マクロを直したい(愚痴) - C#ATIA少しづつ時間が確保出来たので、修正しているのですが・・・。 こちらのマクロの問題点は、互いの面を総当りで比較している と言う点です。 二つのボディ/形状セットを比較して、差分を抽出する - C#ATIA過去に作った…

Autodesk OnDemand Webinars

Autodeskさんは取り扱い製品数が多すぎて、迷子になってしまう為 完全に個人的な覚書です。https://www.autodesk.co.uk/campaigns/mfg-webinar/webinars-on-demand/cad-cam最近はほぼ使用していないPowerMillなのですが、正直な所使いこなせて いないですし…

Parasolidのインポートエラーを修復するVBS

こちらの続きです。 Parasolidのエラー2 - C#ATIA少しづつ時間が確保出来たので、こちらを真剣に調べてみました。 結果的に・・・ どうやらスペース文字だったようです。 (使用したエディタではスペース文字が上手く検索できなかったのかな・・・)2件続いた事例を考えると、…

マクロを直したい(愚痴)

最近忙しい一番の原因は、週に2~3回変更が入ってくる案件。 一体何時終わるのだろう・・・。"あぁこんな事が出来るんだなぁ" 程度に思って作ったこちらのマクロが 活躍してくれます。二つのボディ/形状セットを比較して、差分を抽出する - C#ATIA サーフェスの色をボディに…

滑らかさを手に入れる

最近忙しかったのですが、一山だけ超えました。二番目の原因が、リバースエンジニアリングな仕事のマネキンのモデリングです。 3Dスキャンしたものからサーフェス化したものの一部(背中)がこちらフリースタイルなライセンスが無い為、ゼブラ表示が出来ません。 代わりに "サーフェスの曲率 - 屈折領域" …

Parasolidのエラー2

こちらの続きです。 Parasolidのエラー - C#ATIAこれの続きを書くと思っていませんでした・・・。 新規に支給されたParasolidファイル、再び変換できなかったので 前回の出来事を教訓に、エディタで検索したもののHitせず。 断念して再度支給してもらいました。前回同…

CATPart内エラー時のUpdateObject

こちらでコメント頂いた 「GetMeasurableはUpdate出来ないと長さも取得できそうにありません」 について、解決されたようですが、試しているうちに知らなかった事に 出くわした為、記載しておきます。 選択した円弧の長さを表示1 - C#ATIA テストしたデータはこん…

アクティブCATPartを、Igesファイルにバッチ変換

ちょっと業務上欲しくなったので、CATPartファイルをIgesに変換する為の マクロを作成しました。" マクロにする必要ある? " と思った方、正解です。単に変換するだけであれば、必要性を感じないのですが、オプションの こちらの部分を変更しソリッドとサーフェスで二回変換してます…

ThickOnTheFly1

こちらでクリックした際、肉厚を取得しました。 クリックした面に3Dな矢印と注記を作る - C#ATIAこちらの方法を流用して ボディの外側をマクロで判断する - C#ATIA動的に肉厚を取得できないかなぁ? と思い挑戦中です。画面左下のステータスバーの位置に、測定した肉厚の値を表…

UpdateObjectとComputeの違い

こちらで教えて頂いた、Computeメソッド UpdateとUpdateObject - C#ATIAこちらで試した際は気が付かなかったのですが、 スピードテスト5 - C#ATIAPartクラスのUpdateObjectメソッドは各HybridShapeクラスのComputeメソッドを 呼び出しているだけなのかな? と思っていたので…