読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

変換テスト

CATIA_V5 Fusion360 Onshape

こちらに記載した
Onshapeを、ちょっと試してみました - C#ATIA
GrabCADの"過去に有料だったサービスが無料になってました"
は、Workbenchというサービスなのですが、よく見ると
変換してのダウンロードが可能だったので、
"Onshape" と "GrabCADのWorkbench" のCATIA→Iges等の変換を比べて
みました。

ベースとなるモデルデータはこちらに有ります。ご自由にDLして下さい。
(昔、海外のどこかのサイトにあった図面からモデリングし、
 ボスやリブをちょっと追加したものです。)
case - CATIA - 3D CAD model - GrabCAD
・case_parametric:履歴有り
・case_non-parametric:履歴無し
のデータです。


○Onshape
基本的に履歴有り・無しでは結果は変わりませんでした。

やり方にもよりますがCADデータをUpした際、画像の下側の様にタブが
2つ作成されます。右はUpしたCATIAのデータで左は自動で変換された
Onshapeデータとなります。
CATIAのタブから変換した場合とOnshapeのタブから変換した場合とでは
カラーの反映に影響が出ました。
f:id:kandennti:20150512131900p:plain
レイヤーに関しては元データで設定するのを忘れましたが、個人的な印象
としてSolid系のCADの場合当てにならないと思っているので割愛します。

変換状態としては赤色にしている面が失敗しています。
f:id:kandennti:20150512131932p:plain

本来内側の面が外側に来ています。
(シェルの処理が逆なのかな?)
f:id:kandennti:20150512132008p:plain

又、リブも一部おかしいです。
(厚みの処理が逆なのかな?)
f:id:kandennti:20150512132035p:plain

イマイチなのでACIS(SAT)でエクスポートしSpace-eと言うCAD/CAMで
試してみました。
D&DでSatファイルを開くと、何やら怪しいメッセージが・・・。
f:id:kandennti:20150512132058p:plain
とりあえず無視して形状を確認しましたが、問題ありませんでした。
ソリッドだったので、面の隙間等も問題ないはずです。
(色が反映されないのは、CADの問題です。)
f:id:kandennti:20150512132116p:plain

Igesファイルのヘッダーを見るとParaSolidで、Satファイルを見ると
こちらが使用されているようです。
CrossCad/Ware - OEM integration of reading and writing libraries and dlls for software editors



○GrabCAD_Workbench
履歴有り(左)・無し(右)での結果の差は歴然です。
f:id:kandennti:20150512132145p:plain
履歴の過程で使用されている形状も、全て変換されてしまっている感じです。

変換状態としては緑色のライン部分(R1が3方向集まった部分)が、
面抜けしています。(これは結構ある面抜けです)
f:id:kandennti:20150512132236p:plain
カラーの反映も出来ており、他の部分は大丈夫でした。

こちらもSATでエクスポートしSpace-eで確認したところOnshapeと同様
問題はありませんでした。

Iges・Satファイルのヘッダーを見ると、こちらが使用されているようです。
(これは結構見かけます)
HOOPS Exchange | Tech Soft 3D




両方を比較した感想としては、Viewerとして考えれば "GrabCAD" の方が
扱いやすいのですが、変換スピードが遅いです。
"Onshape" はCADなので、ブラウザ上で修正したうえでローカルにDL の
ような方法も可能でした。
(普通に考えれば慣れたCADで作業する方が早いのですが、CATIAでは1コマンド
で、作成できない様なDraft面が作成できたりするので・・・。)
それ以上に、変換が早いです。

主要な3DCADのネイティブファイルが、無料で変換できるサイトが2ヶ所も
あるなんて、すごいですね。


追記です。
名目上、期間限定のFusion360でもインポート可能だったので、Igesの変換テストを
しました。
CATIAでは問題なく、色も反映されソリッドとして取り込めました。
又、Space-eでは内側の2面の色がおかしく、恐らく境界がおかしくなって
いる感じかと思われます。
f:id:kandennti:20150527173922j:plain
GrabCADと同じ結果になると思っていたのですが、フィレットが集まり球体面
となる部分は大丈夫でした。
f:id:kandennti:20150527173920j:plain
Igesファイルのヘッダーには、ソフト名が記載されていない為、独自のものでは
なかろうかと思われます。

ファイルのUpに少し時間がかかるだけで、変換自体はかなり高速でした。