読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

Productの構成要素の表示/非表示

本音を書くと、僕の場合Productファイルは単にPartファイルをぶら下げる
ぐらいにしか使っていないので、解釈違いの可能性が高いので
指摘していただけると、こちらも勉強になります。

文面からして、まずこんな状態になっているのだろうと思います。
f:id:kandennti:20160406203140p:plain

そこから "TopAssy" が現行(ブルー)の状態で、"Part2 (SubAssyPart)"
を非表示にします。 こんな感じで
f:id:kandennti:20160406203147p:plain

ここで "すべて保存" します。(良い子は保存管理で)
さらに全てファイルを閉じます。
そして、再度 "TopAssy" "SubAssy" を開きます。
すると、こんな感じです。
f:id:kandennti:20160406203155p:plain

"TopAssy" では非表示にしているのに、
"SubAssy" では表示されている
と、言う状態なのだろうと思います。
これを一致させる方法は、恐らく出来ないのではないかと思います・・・。
(自信無いです)

"SubAssy" のさらに下に "SubSubAssy" を作成して同様の
操作をしても同じでした。

個人的な印象としては、各ウィンドウの一番上のProductが構成要素の
表示/非表示(色や透過度)情報を持っていて、子のProductを
開いた場合(新たにウィンドウが出る)は、そのProductが保持している
構成要素の情報に基づいて表示されるのだろうと思います。
(各ウィンドウの一番上のProductの王様なんでしょう)

但し、Part内のBodyや形状セットについては、各Part内の表示/非表示
状態のままになりますね。(色や透過度は王様の支配下)


最後の "もしマクロでできそうなら" ですが、恐らく出来ると思いますよ。
但し "挿入したときと同じ状態" となると、予め挿入時の状態を何らかの
形で保存しておく必要があります。 その辺を考えたり、試したり
する必要があるので、すぐには難しいのが本音です。

・・・最近支給されたデータの扱いが悪く、PartレベルですがBodyの表示/非表示
を保存・再現するマクロを作ろうかなぁ とは思っていたところなのですが
今取り掛かっているマクロも中々進まないので(sirenも試したい・・・)