読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

Fusion360CAM 加工領域の選択

買ってもらえそうに無いので、もう一度 Fusion360 CAM に
挑戦しようかなと思い検索したら、こちらのブログがヒットしました。

Makke!のblog

同じモデルを参考にしてみようかと探してみたら、見つからない・・・。
と思ったらこちらにあったものの一部なんですね。
f:id:kandennti:20160811123005p:plain
ん~まず、治具を見てちょっと感動。
調べると海外メーカーだったのですが、こんなボルト締めで
両側に開く汎用品売ってるんですね。
OK-VISE - Low-profile Clamps


こんなのしか知らなかったのですが
TAKクランプ (偏芯ワッシャカムクランプ) |ミスミ|MISUMI-VONA【ミスミ】
ローウェッジクランプ(ワンサイドタイプ)|ナベヤ|MISUMI-VONA【ミスミ】


肝心のサンプル経路を見て、絶句。 あくまでサンプルなのでボリューム
抑えたのでしょう。
気を取り直して、設定をチョロチョロいじって見ると、加工領域の選択
方法がなかなか素晴らしかったです。
普段使用しているソフトでは、予め領域となる線や面をCAD側で作って
CAMでそれらを選択しています。試しにFusion360で面を利用する
場合は、面を指定する手前ではこんな感じ
f:id:kandennti:20160811123013p:plain
で、選択すると
f:id:kandennti:20160811123020p:plain
あぁ平面に投影された状態になるんですね。3Dな領域の認識は
無さそうな予感です。

感心したのは、エッジを指定する方法です。
f:id:kandennti:20160811123025p:plain
複数面に繋がったエッジを選択してくれますね。
接線接続するエッジを優先的に閉じる領域を作ってくれるんですね。
僕が使った事のあるCAMでは、こんな機能無かったです。
今時のCAMでは当たり前なのかな?