C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

A360 クラウドサービス

こちらのデータをUpするつもりはなかったのですが、
Fusion360CAM イビツな材料からの粗加工経路作成 - C#ATIA

Autodeskのクラウドサービス "A360" を利用するとこんな事が出来るんですね。


すごいな、CAMまで見れちゃうなんて。