C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

端点一致を探る、組み合わせテスト2

こちらの続きですが、コード無しで作戦だけです。
端点一致を探る、組み合わせテスト1 - C#ATIA


現在挑戦しているご相談頂いた内容は、
"バラバラの3D曲線が存在し、端点部分が一致しない孤立している
曲線を見つけたい"
といった内容のものです。


実は最初にお話を聞いた際、最初に思い浮かんだのはこちらのサイトに
記載されている方法でした。
衝突判定編


本来、ゲームの衝突判定のアルゴリズムとして紹介されているのですが、
特に "2D衝突編" の "その8" "その9" 、"3D衝突編" の "その15"に
記述されている、"モートン順序" を利用した4分木・8分木の
方法です。(他の記述もすばらしいです)
最初に読んだのは五年程前だったような気がしますが、
まるで魔法のような方法で、非常に驚きました。

これをVBA化出来るだけの能力が、僕にあるものかどうかは
わかりませんが、完全に再現出来なくてもアイデアとしては
流用したいところです。

VBAでは "ポインタが無い" "ビットシフトが出来ない" 等、超えるべき
ハードルが幾つかあることは、現在でもわかっており
このアルゴリズムでの問題点も、ある程度認識してはいるつもりなの
ですが・・・、完成まで届くかな?