C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

PowerMillマクロを高速化?

何時も忘れて何度もフォーラムを検索するのでメモ書きです。

何れもPowerMillの処理を高速化したり、マクロの停止を防ぐものです。

〇メッセージダイアログ
DIALOGS MESSAGE ON
DIALOGS MESSAGE OFF

〇エラーダイアログ
DIALOGS ERROR ON
DIALOGS ERROR OFF

〇エコーコマンド デバッグトレース
ECHO ON DCPDEBUG TRACE COMMAND ACCEPT
ECHO OFF DCPDEBUG UNTRACE COMMAND ACCEPT

〇グラフィックス
GRAPHICS LOCK
GRAPHICS UKLOCK

〇GUI
GUI ON
GUI OFF

最初の2つのダイアログOFFはメニューからも可能です。
エコーコマンドのやつは、以前書きましたが効果がよくわかっていないです。
グラフィック Lock/UnLock は、3D画面側の更新を止めてしまうものです。
GUI On/Off は、ソフトを非表示にするわけではなく、通常操作している
Treeの表示をするタブから、ブラウザのタブに切り替えます。


GUIは手動(エコーコマンドから)で入力すると、通常の状態に戻せない為
PowerMillを強制終了する以外方法が無い様なので、やらない方が
良いでしょう。 (外部から操作すれば戻るかも)

グラフィックについては、Excelのマクロでも高速化の為の手法と同じだろうと
思います。 こちらも手動でも可能でツールパスの計算時間も若干短くなる
ようです。(バックグランドに投げるようなものかも・・・)


先日のライブラリっぽいものを利用し、アペンドテストを書き換えた上で
上記の物を全部利用した動画がこちらです。

味気無い・・・Autodeskの宣伝みたいになってますね。