C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

Cube in a Cube 1(予告)

先日のジュラコンの切削条件を探していた際に見つけたこちらの動画

キューブ内のキューブ - YouTube

驚きました、旋盤でこれを作るとは・・・。探してみるとこちらは
工具、治具を作るところから、最後はそれらの寸法まで

Cube in a cube / Turners cube - YouTube

しかも、四個もブロックが。


この形状、旋盤の独占なものとは思えなかったので探してみると
マシニングの動画も有りましたが

CNC Cube inside a Cube - YouTube

アンダーカット部分は未加工っぽい。

こちらを見てみると、アンダーカット部分も加工しています。

A Cube in a Cube in A cube, CNC Milling - YouTube

ヘリカル加工後、切削スピードが上がったので Adaptive Clearing な
加工しているのかと思ったら、12倍速だったんですね。
EdgeCamには、恐らく機能が無いのかな?
但し、最後の一面をどの様に加工したのかは動画に出てません。


よし、工具(Tスロット)があったら加工してみよう! と、探したら
数年前に他の人間が購入しちょっとだけ使ったものが、見つかりました。

とりあえず、手持ちの工具で加工できそうな形でモデリングして見ました。
f:id:kandennti:20170510194421p:plain
・・・ "手持ちの工具" と言うのが、ナカナカ苦しく手間取りました。

後は最後の一面を加工する際の作戦なのですが、先人の知恵の
グルーガン作戦は無視することにします。

ここで公言しておけば、後戻りは出来ないので書いておきました。
(失敗したら、無かった事にしておこう・・・)