C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

UpdateObjectとComputeの違い

こちらで教えて頂いた、Computeメソッド
UpdateとUpdateObject - C#ATIA

こちらで試した際は気が付かなかったのですが、
スピードテスト5 - C#ATIA

PartクラスのUpdateObjectメソッドは各HybridShapeクラスのComputeメソッドを
呼び出しているだけなのかな? と思っていたのですが、
ちょっと違うようなのでご紹介。


こちらの画像のようなデータで、交差コマンドを実行します。
f:id:kandennti:20170614124931p:plain
手動であれば、もちろん失敗します。

そこで、こちらのコードを実行します。

'vba Test_Update_errer
Sub CATMain()
    '準備
    Dim Pt As Part: Set Pt = CATIA.ActiveDocument.Part
    Dim Fact As HybridShapeFactory: Set Fact = Pt.HybridShapeFactory
    Dim Hb As HybridBody: Set Hb = Pt.HybridBodies.Item(1)
    
    '二つの面のリファレンス
    Dim Ref1 As Reference: Set Ref1 = Pt.CreateReferenceFromGeometry(Hb.HybridShapes.Item(1))
    Dim Ref2 As Reference: Set Ref2 = Pt.CreateReferenceFromGeometry(Hb.HybridShapes.Item(2))
    
    '交差 未アップデート状態
    Dim Intersect As HybridShapeIntersection
    Set Intersect = Fact.AddNewIntersection(Ref1, Ref2)
    Intersect.PointType = 0
    
    '更新テスト
    Dim Msg$: Msg = ""
    
    On Error GoTo ExitUpdeteTest
        'Compute
        Msg = "Computeでエラー"
        'Hb.AppendHybridShape Intersect
        Call Intersect.Compute
        
        'UpdateObject
        Msg = "UpdateObjectでエラー"
        Call Pt.UpdateObject(Intersect)
    On Error GoTo 0
    
    Msg = "エラーなし"

ExitUpdeteTest:
    MsgBox Msg
End Sub

実行結果はこち

f:id:kandennti:20170614124905p:plain

Computeメソッドは、失敗していてもエラーを吐き出さないんです。
コメント化している部分を外し、形状セットに挿入後でも同様です。

確実に処理が成功しない場合は、ちょっと危険か香りがします。