C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

手抜きマクロ起動用メニュー1

CATIAのマクロを実行する際、こちらの前半に記載した方法で
ツールバーに登録して使っているのですが

マクロを高速に実行させる(非公式) - C#ATIA

正直な所、登録が面倒です。
(何処で見たか忘れましたが、全てのファイルを閉じた状態で
ツールバーを新規に作成すると、ワークベンチに依存しないツールバーが
作成可能なようです)

その為、フォームで自作のメニューを作り自作メニューだけをツールバーに
登録してマクロを起動して運用しています。
・・・が、非常に出来が悪く使い勝手もイマイチでした。

そこで重い腰を上げ、新たに作り直しました。こんな感じです。
f:id:kandennti:20171016183642p:plain
驚く程の手抜き感です。
態々ブログに載せるほどのものか? と、さえ思えます。


実は見た目以上に手抜きなのが、マクロの登録なんです。

最初にメニューを起動した際、"Part" タブにはボタンが1つしか
有りませんが、途中でVBエディタにモジュールをD&Dで追加し
再度メニューを起動すると、ボタンが追加されています。

これぐらい楽が出来るものが、前から欲しかったのですが
なかなか取り掛かれませんでした。

サンプルマクロを含めこちらにUpしております。

GrabCAD - CAD library

ちょっとだけ仕組みがあるため、それは次回に。