C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

Fusion360のスケルトン設計

ご質問頂いている件の修正をしなければならないと思っているのですが、
まとまった時間の確保が出来ず、後回しになってすいません。
今週中は無理っぽい雰囲気です。

自宅では少しずつFusion360をいじっているのですが、パワフルなので
"スケルトン設計が出来るのかも" と思い少し調べてみました。

・・・まともそうなのが、こちらの動画だけでした。
Using Skeletal Modeling Technique in Fusion 360 | Fusion 360 | Autodesk Knowledge Network
ケルトン設計(モデリング)の定義が良くわかっていないのですが、
パラメータで管理することなのでしょうか???
個人的にはスケルトンとなるデータを作り、管理することなのかな?
と思っていたのですが。

こちらはInventorのスケルトン設計の資料。
http://images.autodesk.com/apac_japan_main/files/skeleton_pipeasm.pdf
こっちも、まずパラメータ・・・そうなのかな・・・


定義は兎も角、実際に試してみると、一応ファイル間リンクは保っているのですが
取り込む際は重いです。 但し、参照先が最新かどうかは管理してくれていますね。
(日本語フォーラムを見ると、リンクを切りたい人が多いようですが)

これ、個人的には個別のボディやスケッチのみを取り込みたい所なのですが
丸ごとしか出来ないような気がします。

Fusion360のファイル(.f3d)は、CATIAのPartファイルのようで
Productファイルのような側面もあり(コンポーネント機能)、ファイル間リンクより
ルール付けをしながら単一ファイルでの管理の方がスッキリしそうな気がします。
(ボディのリンクの結果によるコピペは可能そう)