C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

背景色を変更・復元する3

こちらの続きで、保留していた宿題です。
背景色を変更・復元する2 - C#ATIA

ご要望としては、PartでもProductでも同様の処理を行いたい
と言うことなので、修正してみました。

PartDocumentの取得方法を変更する必要があるため、
こちらの部分を修正します。

Private Sub UserForm_Initialize()
    'Form設定
    Me.CommandButton1.Caption = "背景色-白"
    Me.CommandButton2.Caption = "背景色-復元"
    
    '一時的な背景色
    mBackColor = Array(255, 255, 255)
    
    'CATIA情報
    Set mDoc = Get_PartDoc(CATIA.ActiveDocument)
    If mDoc Is Nothing Then
        MsgBox "Partファイルが見つかりません"
        Me.CommandButton1.Enabled = False
        Me.CommandButton2.Enabled = False
        Exit Sub
    End If
    Set mPt = mDoc.Part
    Set mSel = mDoc.Selection
    Set mVis = mSel.VisProperties
    Set mVisSetAtt = CATIA.SettingControllers.Item( _
        "CATVizVisualizationSettingCtrl")
End Sub

そして実際にPartDocumentを取得する為の関数を
追加します。(再帰で一番上部にあるPartDocumentを探しています)

Private Function Get_PartDoc(Doc As Document) As PartDocument
    If Not Get_PartDoc Is Nothing Then Exit Function
    
    Dim Pros As Products
    Dim i As Long
    
    Select Case TypeName(Doc)
        Case "PartDocument"
            Set Get_PartDoc = Doc
            Exit Function
    
        Case "ProductDocument"
            Set Pros = Doc.Product.Products
            If Pros.Count < 1 Then Exit Function
            
            For i = 1 To Pros.Count
                Set Get_PartDoc = _
                    Get_PartDoc(Pros.Item(i).ReferenceProduct.Parent)
                If Not Get_PartDoc Is Nothing Then Exit Function
            Next
        
        Case Else
            Exit Function
    End Select
End Function

Part・Product両方で動くマクロを作成する際、結論としては
どうやってPartDocumentを取得するか? だけの違いで他の部分は
共通です行えます。

Productの場合、例えデザインモードでPartファイルを操作している状態で
あっても

   set Doc = CATIA.ActiveDocument

を実行した場合、一番上のProductのDocumentが取得されます。
(子ウィンドウの一番上と言うイメージです)