C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

一本のスケッチラインで押し出す

Fusion360を練習していてちょっと感じたのですが、
こんな感じで離れたボディ同士にフィレット付けたい時
ありませんかね?
f:id:kandennti:20171222170918p:plain
カバーみたいな製品で、円柱部分は部品取り付けボルトの為の
ボス形状を付けたい時とか。

CATIAの場合、2面を指定する [フェースフェースフィレット] コマンドが有るの
ですが、離れたものの場合こんなエラーが出ますよね?
f:id:kandennti:20171222170930p:plain
エラーの意味もわかりにくい…。

知られた手法だと思うのですが、こんな感じのスケッチを描いて
f:id:kandennti:20171222170941p:plain

パッドの厚みを指定しつつ、くっ付けた状態にすると
f:id:kandennti:20171222170950p:plain

フィレットが作れるんですよね。
f:id:kandennti:20171222171002p:plain

サーフェス育ちの人間としては、CATIA固有の問題かな?
と思っていたのですが、考えたらフィレット付いた逆側の部分を
どんな処理すれば良いのか? ソフトには決められないんでしょうね。
f:id:kandennti:20171222171017p:plain
(GSDのシェイプフィレットだと、一度に両側出来るじゃないか…)


で、Fusion360も同じなのですが、2点程問題が。
・離れた状態では、一つのボディとしては扱えない
・2面指定のフィレットコマンドが無い
結果的には、CATIA同様くっ付けてエッジフィレットしか
方法が無さそうなのですが、ここでもう一つ問題が。

[押し出し]コマンドには厚みを指定する方法が無いんです。
その為、こんないい加減な線1本のスケッチを作って
押し出してくっ付ける事が出来ないんです。
f:id:kandennti:20171222171031p:plain
もちろん、長方形を描くコマンドでやれば良いだけなのですが
そもそも消えてしまう形状なので、面倒なんです。

そこで思い付いたのが、シートメタルを使う方法です。
[フランジ] コマンドであれば、線一本でも大丈夫なんです。
f:id:kandennti:20171222171047p:plain
押し出した厚みは、シートメタルのルールに基づくんですけど。

後は[結合]で一つのボディにし
f:id:kandennti:20171222171057p:plain

[フィレット] を複数回やれば完成です。
f:id:kandennti:20171222171112p:plain

モデルで作成したボディとシートメタルで作成したボディが
結合できるのはちょっと不思議な感じがしたのですが、
そんなものなのでしょうか?

これであれば、センターラインだけでリブを作成出来るから
楽だと思いますね。(図面では、リブ位置を端面で指定しないで欲しい)

「最初からその形状でスケッチ作れば良いじゃん」って思われますが
金型等で抜き勾配を設置すると、一定Rサイズの面ではなくなる為
フィレットのコマンドで作りたいんです!凹形状の場合、加工しにくいんです!