C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

ロフトのプロファイル

Fusion360を練習をしていて感じたのが、この形状。
f:id:kandennti:20180125110011p:plain
随分と慣れたのですが、これ苦手なんですよ。
3Dでどんな形状しているのか? 直ぐに認識できないんです。

こちらのサイトの一番下のPDFの過去問題の中の
問2の形状の一部にあります。
3次元CAD 使用できるソフトについて – CAD利用技術者試験

この様に、正面図の対角線が逆であれば、直ぐに認識出来ます。
f:id:kandennti:20180125110022p:plain

実際はこんな形です。
f:id:kandennti:20180125110034p:plain
正面図を見て "どちらかの三角形が見た方向から平面" と
思い込んでいるのが一番の原因なんだろうと思います。


で、実際にモデリングを手早く行うにはどうするか?
なのですが、CATIAの場合であれば・・・
四角いブロックを作った後
f:id:kandennti:20180125110049p:plain
・黄色の対角線を作る
・プロファイルとなる紫の境界を作る
・先程の2つを使用し、スロットで削ぎ落とす
が、一番速そうな気がしますが、3コマンドです。
(コンテキストメニューを利用し、履歴的に1コマンド風には出来ますが
  実質3コマンドです)


Fusion360の場合は・・・
f:id:kandennti:20180125110058p:plain
・点(赤印部)を作る
・ロフトで平面と先程の点を指定し、削ぎ落とす
2コマンドで出来ます。 点を作成しましたが、他のスケッチの端点が
利用出来れば、点を作成する必要がありません。

驚いたのは、ロフトのプロファイルで点が指定出来る事なんです。
フォーラムのこちらで教わりました。
解決済み: Re: ロフト レールエラー - Autodesk Community

他にも細々と速く出来そうだな と感じる部分ありますね。