C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

「サブツリー」コマンド

マクロで「サブツリーを開く」を行いたい と御質問を頂きました。
結論を先に書くと出来なさそうです。が、その他調べた事を覚書しておきます。

今まで利用した事が無かったのですが、メニューの「表示」内に「サブツリー」が
あるのを知りませんでした。
f:id:kandennti:20180712180236p:plain
試した所、ちょっと不思議な感じがしました。

CATIAを起動し新たにPartを作成した状態では、こんな感じでグレーアウトしてます。
f:id:kandennti:20180712180244p:plain

これを利用する為には、一度コンテキストメニューの「サブツリーを開く」を実行すると
チェックが入った状態で利用できます。
f:id:kandennti:20180712180253p:plain

クリックするとチェックが外れ、全てのサブツリーウィンドウが消えます。
f:id:kandennti:20180712180317p:plain

続いて新たにPartを作ります。
最初は利用できない状態ですが、一度コンテキストメニューの「サブツリーを開く」を実行します。
ここでメニューからではなく、サブツリーウィンドウの×印をクリックし閉じます。
f:id:kandennti:20180712180337p:plain

ここでメニューを見ると、グレーアウトしてます。
f:id:kandennti:20180712180343p:plain

先程とは状態が異なります。

サブツリーウィンドウの×印をクリックした場合は、実際にウィンドウを閉じていて
メニューの「サブツリー」はサブツリーウィンドウ全てを表示/非表示操作しているのだろう
と思われます。
(最初とX印で閉じた場合、表示/非表示に関わらずサブツリーウィンドウが無い為
 コマンド自体が利用できない)

こんな制限付きの「サブツリー」コマンドであれば、こちらで利用可能です。

 '日本語
 CATIA.StartCommand ("サブツリー")
 '英語
 CATIA.StartCommand ("Sub-Trees")

但し、サブツリーウィンドウが開いていても、CATIA.Windows.Countは変化無く
実際に開かれているのか?開かれていないのか? はマクロで判断する事も
難しそうです。(WinAPIでゴリゴリなら出来そうですが)


この「サブツリー」コマンドの存在に気が付いたのは、「表示」-「コマンドリスト」です。
f:id:kandennti:20180712180357p:plain
恐らくライセンスに関係無く、アクティブなワークベンチで利用可能なコマンドのリストを
表示してくれます。
ここで表示されるものであれば StartCommand で利用可能だと思います。

StartCommand は起動している言語に依存していますが、こちらに記載した
コマンドIDを利用すれば、言語依存しないマクロが作れます。
コマンドID - C#ATIA

但し、今回の「サブツリー」コマンドについては、GrabCADにUpしたリストには
入ってませんでした・・・。