C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

SolidWorks2018体験セミナー

営業さんのノルマも有るだろうと思い、参加しました。
導入つもりは全く無いです、全く。

3DCADのシェアについてお話が有りました。SWは昨年度時点で40%だそうで
10年後には50%とか話されていましたが・・・、統計を取っている正式な
団体・組織があるわけじゃないと思うので、あまり信用してないです。


体験セミナーなので時間が無く、「次はこのコマンド使って・・・」
のような指示通りの操作になるので、試したい事がほぼ出来なかったです。
が、忘れてしまうので、僅かに試した事と印象です。

・スケッチ機能は、Fusion360に近い感覚でトリム不要でした。
 プロファイルの考え方の違い - C#ATIA
 2つの四角をこんな感じで描いた際、重複する赤い部分のみで
 押出し出来ました。
 f:id:kandennti:20180718194027p:plain
 でも、個人的にはFusion360のスケッチの方が優秀に感じます。

・パッド・ポケット
 CATIAと同じ感じです。コマンド自体が別々なんです。
 Fusion360の場合、2つのコマンドに分かれてはいなくて
 1つのコマンドで、「操作」の部分で切り替えます。
 押出す方向によってパッド・ポケットを自動で切り替えてくれるのは
 最初の頃から感心しました。
 f:id:kandennti:20180718194104p:plain
 こちらもFusion360の方が優秀に感じます。

・Assy
 以前ちょっと触らせてもらった際にも拘束の操作が結構
 直感的で好印象でした。部品の移動もマウスでググッ~と操作
 出来る辺りもFusion360共々簡単で良いです。
 CATIAはコンパスを使わないとならないのは非常に不便で、
 桁違いに操作が悪いです。

・Draw
 2Dでは線等のジオメトリを作成する事が出来ないようです。
 3Dを投影→寸法等の図面要素の配置 が基本のようなので
 CATIAの方が優秀のような気もしますが、そのような
 使い方で十分な気もします。
 
 3Dのスケッチ拘束を図面寸法として自動作成出来るのは優秀ですね。
 CATIAにも自動で寸法を入れるコマンドが有った様な記憶なのですが、
 あまりに使わないので忘れました。(大半ろくな事にならない記憶有り)

・シミュレーション
 自分には無縁な事なのですが、必要な方にとっては
 CADと一体になっている事はかなり重要なのだろうと思います。
 ロボットのグリッパアーム - C#ATIA
 結果のレポート作成時の動きが・・・画像取得のためのズームの動きが
 かなりマクロチックに感じましたよw

・画面
 個人的には、見た目は一世代前ぐらいの印象です。 その点
 Fusion360は綺麗ですね。恐らく、Autodeskはこだわりを持っている
 のでしょう。PowerMillも即グラフィック画面を変更しましたからね。

 CATIA V5は二世代前ぐらいですね。でも変えないで下さい。
 他のCAxソフトは大半はウィンドウ左側に履歴等を表示させる為の
 スペースを設けてますが、CATIAは無いです。操作する為の画面が
 大きいのは魅力で、誇って良いと思います。

 Fusion360も頑張っていますが、履歴の下の要素はクリック出来ないん
 ですようね。透けて見えるだけ良い方ですが。

 
CATIAが随分と劣っているような書き方ですが、履歴に関しては
桁違いに優秀に感じます。
他のソフトでの履歴は線形ですが、CATIAだけは分木(Tree)になっており
把握や修正は本当に判り易いと思ってます。(あと、操作画面の広さ)