C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

ハニカム構造2

こちらの続きです。
ハニカム構造 - C#ATIA

Fusion360でも作ってみました。
f:id:kandennti:20190108190343p:plain
XYのピッチは予めユーザーパラメータで計算しておいて、
必要に応じて式で利用しました。
履歴の赤印部分までが画像の状態までの履歴です。
・・・端っこがかっこ悪いです。

残りの履歴は、Fusion360ならではシートメタルです。
f:id:kandennti:20190108190719p:plain
曲げました。
以前はシートメタルに入ってのみの作業だったので
「押し出ししか出来ないんだなぁ」
と思っていたのですが、一度モデルに戻ってゴチャゴチャ
やれる事を知りました。

御興味あれば履歴をご覧ください。
3D CAD Model Collection | GrabCAD Community Library
但し、再折り曲げコマンドが劇的に重い処理となっているので
ご注意を。
(出来上がったデータ自体は重くないです)

元ネタはこちら
Fusion360でソリッドボディのベンディング(曲げ加工) - Qiita