C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

Win64

内容的にはこちらに記載した内容の続きです。
ファイル間リンクの取得10 - C#ATIA

VBA7はVBAのバージョンだとわかるのですが、Win64って何だろう?
と思い調べました。
コンパイラ定数 (VBA) | Microsoft Docs
正直に書くと以前は 「OSが64bitだよ」 って思ってました。
開発プラットフォームなんですね。

実は客先環境はCAAがガッツリ入っているんです。使わないんですけど。
調べてみても目ぼしい情報が無いのですが、こちらがHit
COE : Forums : Building CAA dll for 64 bit windows
XP時代の情報なのですが、そんなに外れてはいないはず。

そして一つ思い出した事が…
実はブログには書いていないのですが、こちらのマクロの続きを
作った際の体験です。
同一UUIDのDraw参照元ファイルを差し替える4 - C#ATIA
ひょっとしたら何処かに書いたかな?
あまりに使いにくかったので、FormでUIを作ったのですが、
その際、リストビューを使いました。
客先環境ではOKなのですが、通常の環境ではNGだったんです。
あの時は何が原因か全くわからなかったのですが、
「客先環境だけでしか使わないだろうからまぁ良いや」
と思っていたのですが、恐らくこれが原因だったのだろうと
思います。(64bitではリストビューが使えない)

試してみたら自宅のExcelもVBA7&Win32でした。この組み合わせは
あるんですね、普通に。(恐らく会社のExcelも)
Win64はソフトのコンパイル時の設定で決まるのだろうと思われます。
VisualStudio で実行ビット数を変更する