C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にFusion360API 偶にCATIA V5 VBA(絶賛ネタ切れ中)

Fusion360API

スケッチの向き1

フォーラムのこちらに記載した内容です。 解決済み: "スケッチの編集" 時のスケッチの向き - Autodesk Communityあちらに記載したアドインは、実行されたコマンドのIDを調べ 該当するコマンドの場合は、カメラを操作してV方向を上向きにしてます。これだと、…

閉じた線の始点終点2

こちらの続きです。 閉じた線の始点終点 - C#ATIA先日の問題がほぼ解決。何故か楕円の "始点-180°以下" だけがおかしい・・・。測定範囲が分かるようにマークを表示させているのですが、 本来であれば太い線で表示させたいと思ってコード自体は書いてます。 …

閉じた線の始点終点

こちらの続きです。 プレビューの為の行列演算 - C#ATIAこちらの続きです。未だに完成しない為、公開出来ていないです。 正確には点を作成するアドインは完成しているのですが、作成した点を確認するための 測定コマンドに苦戦しています。(業務と同じで、…

pythonのプロパティ2

こちらの続きです。 pythonのプロパティ - C#ATIAずっと悩んでいたわけではないのですが、良い方法が無いものかと探していました。 "偶には・・・" と思い、pythonの公式ドキュメントを見ていたところ "データクラス" と言うものを発見しました。 (Fusion360…

プレビューの為の行列演算

こちらに記載したお悩みが解決しました。 コンポーネントの座標系のベクトルの取得が面倒 - C#ATIAこんな条件です。 ルートコンポーネントと原点が一致しない、”コンポーネント1:1” 内の XY平面以外の平面をサポートとしたスケッチ内にある 曲線上に点を作…

コンポーネントの座標系のベクトルの取得が面倒

座標系って書きましたが、それはCATIAの表現です。 Fusion360の場合は原点です。任意の座標系は作れないんです。 CADによってはデータムって表現する場合もありますね。このX軸のベクトルを取得したいだけなのですが、こんな感じになります。 ちょっとプロパ…

工具データのI/O 1

PowerMillのフォーラムに、随分前からこちらがあるのは知っているんです。 PowerMill and Fusion 360 - Autodesk Community Autodeskさん的には連帯図って付加価値上げたいのだろうと思います。直感的に一番利用価値が高そうなのは、お互いの工具データを受…

1つのリストから隣り合う2個の組み合わせリストの取得

あけましておめでとうございます。 気が付けば7年目です。 本年もマイペースで・・・と毎年書いていますが、変わらずやっていきます。昨年の暮れ、こちらに取り組もうと取り掛かったのですが、ちょっと迷った部分が ありました。(まだ仕様が不明で、未完成…

CreateObjectCollection

こちらにCreateObjectCollectionの悪い部分の指摘がありました。 Fusion 360 APIのPythonでメリークルシミマス - Qiita 確かに扱いが悪いんです。でも使用を避けることが出来ないのも事実です。 そういえば、ctypesがビックリするほど強力。 何かに使えない…

Command Logger2

こちらの続きです。 Command Logger - C#ATIAやっと出来ました。ほとんど別物となるぐらいの改造です。 今度は実行されるコマンドが入っているパネル情報も一緒に垂れ流します。 あぁ緑の部分嘘出力している・・。PCBなんて使ってないのに。アドインを作る際…

俺コマンドを作る4

こちらの続きなのですが、 俺コマンドを作る3 - C#ATIA内容的には、あちらのAddinSkeletonを使わずに書いていたこちらの続きです。 俺コマンドを作る1 - C#ATIA 作りかかっているアドインの処理部分は、大体上手く行っているのですが 制御的な部分で詰まりま…

documentイベント

こちらの取り組みです。 Drawing PDF Export: How to access the new export manager? - Autodesk Community あぁ最初のレスは完全なる勘違いです。開いている3Dデータから、開いていない図面データをAPIでPDFファイルとして エクスポートしたい って事です…

足音が聞こえてた

こちらの続きです。 足音が聞こえる - C#ATIA嘘書きました。"What's New" に "adsk.drawing" については、しっかりと記載されてました。 Fusion 360 HelpUpdate入ると書き換わっちゃうので、こっちもリンク。 Fusion 360 Helpあまり機能が無いのですが、PDF…

足音が聞こえる

正式なアナウンスは無いのですし、噂すら聞いたことが無いのですが、 Fusion360APIで図面とメッシュが対応しそうな足音が聞こえる。 実は"paramesh"の方は、比較的最近になりファイルが増えている事に 気が付いていましたが、 "drawing" の方はオートコンプ…

スケッチの円形状パターンをAPIで2

こちらの続きです。 スケッチの円形状パターンをAPIで1 - C#ATIA前回 "角度の間隔" の操作が分からなかったのですが・・・今もわかりません。 イロイロと都合があり、分からぬまま進めます。日本語で先に書く内容を決めて おかないと英語での解説が進まぬ。 …

Fusion360 Ver2.0.9439

こちらでもアナウンスされているAPIでのJavascript非対応 Notice: Javascript API is being fully retired - Autodesk Community 今回のUpdateかな?と思っていたのですが・・・。 予想を裏切り、ここ残っています。 コマンド一覧を表示させる neuDev.listFu…

スケッチの円形状パターンをAPIで1

スケッチの円形パターンをAPIで実現出来ないか試しています。 何故 "スケッチの円形状パターン" なのかと申しますと ・過去にAPIで作ること出来ないのか? と言うトピが出ていた。 ->APIのオブジェクトはある(と思う)けど、インスタンスが提供されていない。…

オブジェクトとして提供されない要素を選択する4

こちらの続きです。 オブジェクトとして提供されない要素を選択する3 - C#ATIA説明の順番を間違えています・・・。まずコンポーネントのボディ内にグループを 作成します。 GUIとテキストコマンドで試すと、こちらのボディを選択状態にして、 Commands.Start…

オブジェクトとして提供されない要素を選択する3

こちらの続きです。 オブジェクトとして提供されない要素を選択する2 - C#ATIA 目的は要素の選択です。過去にダイアログに要素を設定する為にこちらを使いました。 テキストコマンド3 - C#ATIA は未だに謎なのですが、 を取得する為に事前に選択して ObjectP…

イベントハンドラーが解放出来ない問題

こちらです。 event Handlers not being released - Autodesk Community難しすぎて理解出来ません。 時間が出来て、知識が付いたらじっくり読んで理解したい。 イベント難しい。Fusion360APIで2大難解を上げるとしたら、 こちらのNativeObjectとProxy (コン…

オブジェクトとして提供されない要素を選択する2

こちらの続きです。 オブジェクトとして提供されない要素を選択する1 - C#ATIA 正しくは、予告です。ここ数日かけて、こちらを作りました。 このサンプルは、こちらにUpしています。 GitHub - kantoku-code/sample_CreateBodyGroup: Sample for creating a b…

オブジェクトとして提供されない要素を選択する1

忘れないうちにメモっておきたい。 Fusion360のAPIでオブジェクトとして提供されていない要素を、 選択した状態にしたいことが今までに何度かありました。こちらもそうです。 Solved: Feature Request? : API for creating and managing "Group"s in browser…

Command Logger

Fusion360で、GUIでは出来るのにAPIで機能が提供されていないものが 多数あります。 それでも自動化して処理を行いたい場合、最後の手段として テキストコマンドの "Commands.Start" を使用すると可能な場合が 有ります。 テキストコマンド1 - C#ATIAこれを…

NativeObjectとProxyの理解とモロモロ5

こちらの続きです。 NativeObjectとProxyの理解とモロモロ4 - C#ATIA ここまで、スクリプトを実行すると中心座標が表示されましたが、恐らくそのような スクリプトは作る機会が少ないと思います。 (テストやデモの場合は、使うかも知れませんが)実際の場面…

NativeObjectとProxyの理解とモロモロ4

こちらの続きです。 NativeObjectとProxyの理解とモロモロ3 - C#ATIA前回は、タイトルとしていたNativeObjectとProxyが登場し、大体解決しました。 あくまで大体なので、解決しない事例が出てきます。早速ですが、前回のGUIのコンポーネント(正しくはオカレ…

NativeObjectとProxyの理解とモロモロ3

こちらの続きです。 NativeObjectとProxyの理解とモロモロ2 - C#ATIA前回は、主にコンポーネントとオカレンスの説明となってしまいました。 が、この説明無しでは お話が進まない為、ご勘弁を。前回の最後の疑問として "オカレンスにはスケッチが無いためコ…

NativeObjectとProxyの理解とモロモロ2

こちらの続きです。 NativeObjectとProxyの理解とモロモロ1 - C#ATIAババっと答えのコードを示してしまうのはあまりに不親切と感じるので、真面目にやります。今までサラっと進めましたが、Fusion360APIに取り組む上で避ける事が出来ない コンポーネントとオ…

NativeObjectとProxyの理解とモロモロ1

Fusion360で僕が一番悩むのが、コンポーネントに対応させたスクリプト(とアドイン)です。 APIフォーラムでも比較的最近は少なくなりましたが、コンポーネント(正しくはOccurrence) 絡みで "正しい結果が得られない" "バグじゃないのか?" のようなものの…

commandTerminatedイベント

Fusion360のアドインで、常に状態を監視したいようなものを作る場合は どうすれば良いのかな? と思っていました。 ・・・もっと具体的な例を出せば良いのですが、今のところ思い付きません。ゴメンね。 ApplicationオブジェクトのregisterCustomEventとfire…

奇妙な歯車7

こちらの続きです。 奇妙な歯車6 - C#ATIAやっとver0.0.3でコンポーネント(オカレンス)に対応しました。 GitHub - kantoku-code/Fusion360_RollingCircleTranscription: It transfers the shape by two circular motions. 赤:ルートコンポーネントの原点 …