C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

2016-04-07から1日間の記事一覧

選択要素からドキュメントを取得する

こちらの続きで応用です。 座標系からXY,YZ,ZXの各平面のリファレンスを取得2(InternalName) - C#ATIAこちらにも、ちょっと関係してます。 ProductからPartDocumentを取得する - C#ATIA InternalName関数は、ModelElement型から提供されているのが わかるのですが…

座標系からXY,YZ,ZXの各平面のリファレンスを取得2(InternalName)

こちらの続きです。 座標系からXY,YZ,ZXの各平面のリファレンスを取得 - C#ATIA形状セット内の座標系の場合、前回のサンプルではNGでした。 NGだった理由は2点有ります。 ・ParentプロパティがNothingで、追いかけられない。 ・BrepNameを何と指定して良いのか、わからない…