読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA

工具交換後、元の位置(XY)に戻るカスタムマクロ2

FANUC

こちらと同様で、使う機械が異なります。
工具交換後、元の位置(XY)に戻るカスタムマクロ - C#ATIA

庄田鉄工さんのものですが、モデルチェンジしちゃっているので
NCN8200が一番近いかな?
庄田鉄工
うちじゃXYのストロークが一番大きいのですが(でも、Zのストロークが小さい・・・)、
「小型」になるんですね。


カスタムマクロは前回とほぼ同じでOKでした。

%
O9021(ATC)
(M999 TCODE)
#30=#5041
#31=#5042
#33=16
IF[#20GT#33]GOTO100
IF[#20GT0]GOTO20
N10
(AUTO)
#1=#4120
#2=#1+1
IF[#2GT#33]THEN#2=1
#32=#2
GOTO50
N20
(TCODE)
#32=#20
N50
(ATC)
G65P9020T#32
(MOVE)
G90G54G0X#30Y#31
N100
(END)
M30
%
(#1=TEMP)
(#2=TEMP)
(#30=X)
(#31=Y)
(#32=T)
(#33=TMAX)

O9020が使用されていたので今回はO9021にし、マガジン16本
仕様なので、変更点はその辺ぐらいです。
O番号を変更したので、パラメータ6081を999に設定。
これで使い勝手は、前回と同じ

M999T2;

M999;

で、工具交換しつつXYは元の位置に戻ってきます。


庄田鉄工さんのサイトの女性を3Dスキャンして、削り出す動画があったのですが
あの3Dスキャナー結構Web上で見かけますね。
メーカーさんのサイトをみると0.05~0.2ぐらいの精度みたいだけど
本当にそんなに出るのかな?