C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

TSMファイル3

こちらの続きです。
TSMファイル2 - C#ATIA

作業スペース切り替え方法が、こちらに記載されていました。
Solved: Re: Change workspace - Autodesk Community
itemByIdメソッドと作業スペースID名でWorkSpaceを取得し、アクティブに
すれば良いようです。

作業スペースのID名については、こちらに少し記載されています。
(真ん中ぐらいに記載有り)
Fusion 360 のメニューカスタマイズ ~ Workspace - Technology Perspective from Japan
記事が古いので、ちゃんと調べ直す必要が有りそうな予感はしてますが、
この辺は変わらないような気もしてます。

Debug WorkspaceとかDocumentation Workspaceとか見たことの無い
作業スペースも記載されています。何だろう?


で、時間が無くて試せていません。