C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

Camera.viewExtents

こちらにちょっとレスしました。
Manipulating the camera view - Autodesk Community


手動で「ウィンドウ内を検索」した際と、APIの Viewport.fit() 又は
Camera.isFitView = True した際で、ズームされた状態が違う ってお話です。
CATIAのリフレームオンと同等の機能です。

投稿者さんの記載では、APIで行うと近すぎるらしいです。
・・・細かい。


カメラ絡みは少し経験があったので、こちらの存在を知っていました。
Fusion 360 Help
画面で見える範囲の球体の半径をプロパティとして持っています。

ちょっとだけで大きくすれば、「ウィンドウ内を検索」と同等の事が
出来るだろうと思い、あちらのサンプルコードを作りました。



まさか、被せるようにブログに説明を記載するとは。
Mod the Machine: Working with Cameras (Part 1)


内容はInventorのマクロですが、Fusion360も同じような仕様らしいです。
確かにコードを見ると、オブジェクトの仕様は類似している感じ。
カーネルが同じだから、そうなるでしょう)

Fusion360はアニメーション作業スペースがあるから、APIで動画を作る必要が
無いと思うんだけどなぁ。