C#ATIA

↑タイトル詐欺 主にCATIA V5 の VBA(最近はPMillマクロとFusion360APIが多い)

Fusion360API

Fusion360スプリクト作成の取っ掛かり3

こちらの続きです。 Fusion360スプリクト作成の取っ掛かり2 - C#ATIA前回までは、何かの処理を行うためのオブジェクトの探し方を行いました。 (多々不足していますが・・・)実際にスプリクトを作成する際、毎回事前選択するのは現実的ではありません。 今…

Fusion360スプリクト作成の取っ掛かり2

こちらの続きです。 Fusion360スプリクト作成の取っ掛かり1 - C#ATIA昨夜は押し出しで説明するつもりだったのに、画像はスケッチでしたね。 (半分寝ながら書いていました)前回のようにタイムラインを選択してスプリクトを実行すると 押し出しとしてダイア…

API and Scriptsの覚書

APIのフォーラムで、ひょっとしたら今後利用するかも知れない 処理等、気になったトピの覚書です。(埋もれちゃうそうなので)・validateInputs Event以外でOKボタンを制御する方法? Solved: Is there a way to "request" a validation event? - Autodesk C…

Fusion360スプリクト作成の取っ掛かり1

Fusion360のスプリクトを作成する際の取っ掛かりになれば、と思い少し 役立つのではないかな?と思うスプリクトを作成しました。(後ほど) スプリクト(やアドイン)のサンプルは結構多く見付かります。代表的なものは 公式Helpのものです。 Help全てを見た訳…

あなたのアカウント上の全ファイルリストを取得

連日、探りながら色々と試してはいるのですが、成果が上がらない状況です。少し前にこちらのトピの回答をしました。 Re: Is there a script to get a full list of my files - Autodesk Community手元にあったものをそのままベタッと貼り付けたのですが、 よ…

Fusion360 PythonスプリクトがSWIG

以前、フォーラムのこちらで Fusion360のPythonスプリクト(アドイン)は"SWIG" と言うものを利用している と書きました。 Re: Auto LISP はいつごろ サポートされますか? - Autodesk Communityこれ、公にはされていないと思います。 何故それを知ったのか…

CommandDefinitionsオブジェクト3

こちらの続きです。 CommandDefinitionsオブジェクト2 - C#ATIA実はスプリクトでのコマンドの呼び出しの他に、長い間悩んでいた事が ありました。エンコードです。こちらのコードは、最初に示したコードとほぼ同じなのですが、 コマンド名(日本語)をファイ…

CommandDefinitionsオブジェクト2

こちらの続きです。 CommandDefinitionsオブジェクト1 - C#ATIA極めて手抜きですが、コマンドIDと日本語でのコマンド名のリストです。 (一部、AddInによるコマンドも入っている可能性がある為、完全にネイティブではない可能性があります) コマンドID コ…

CommandDefinitionsオブジェクト1

マクロやスプリクトでは、常に手動操作と同じ機能を利用する事は出来ません。 それはソフト自体がAPIとして、オブジェクト・メソッド・プロパティ等を公開して くれているか否かに依存しているのが、正直なところです。それらが公開されていない場合でも極わ…

Assy状態の位置を保ちながら、コンポーネント毎にSTLでエクスポート

モデリングはFusion360で、レンダリングは他のソフトで と言う 需要があるようです。こちらを見ると。 Solved: Exporting A design to multiple STL's with their location ant rotation data. - Autodesk Community内容的には、Assy状態丸ごとでSTLでエクス…

点を通って平行な平面作成

CATIAだと普通に「点を通って平行」な平面は作成出来るのですが、 Fusion360は出来ないんですよね。 そんなに難しいものでも無さそうに感じるのですが・・・。こちらに質問があったので、サンプルスプリクトを作ってみました。 Create Sketch with Point and Ve…

迷路を作る3

こちらの続きです。 迷路を作る2 - C#ATIA最近知ったTemporaryBRepManagerのパワーを感じたくて、 修正してみました。 #FusionAPI_python test_Maze ver0.0.3 #Author-kantoku #Description-迷路ボディの作成 ''' The MIT License (MIT) Copyright (c) 2014 …

押し出しのスピードテスト3

こちらの続きのような感じです。 押し出しのスピードテスト2 - C#ATIA が、実質こちらの続きです。 押し出しのスピードテスト1 - C#ATIA個人的にはFusion360でのスケッチ操作は、isComputeDeferredのOffが 最速だろうと思っています。先日気になったこちら S…

Super slow run time

こちら、正しく理解しきれていないのですが面白いです。 Super slow run time - Autodesk Community個人的にですが、処理量が程々であればCATIAよりFusion360の方が ジオメトリ的な処理が速い印象があるのですが、それでも遅いとの事。記載されたコードを試…

スカルプト産ボディからフューチャーを取得したい2

こちらの続きです。 スカルプト産ボディからフューチャーを取得したい1 - C#ATIA色々とHelpを調べ何となくですがわかりました。 こんなコードです。 #Fusion360 python import adsk.core, adsk.fusion, traceback def run(context): ui = None try: app = ad…

スカルプト産ボディからフューチャーを取得したい1

こちらのサンプルコードを活かしたいともがいています。 TSMファイル1 - C#ATIA確かにエクスポートが可能なのですが、”どれをエクスポートするのか?” が 全く出来ていないので、何とかしたいです。スケッチで押し出して作ったボディとスカルプトで作ったボ…

TSMファイル5

こちらの続きです。 TSMファイル4 - C#ATIAまずお詫びです。サンプルコード内に記載していた拡張子が間違っていました。 さすがに恥ずかし過ぎたので修正しました。前回試した作業スペースIDを調べましたが、こちらも必要ありませんでした。 インポートに成…

TSMファイル4

こちらの続きです。 TSMファイル3 - C#ATIA作業スペースのID名を調べるために、こんな感じのコードを 作ってみました。(って 程のものでもないのですが・・・) #Fusion360 python import adsk.core, traceback def run(context): try: app = adsk.core.App…

TSMファイル3

こちらの続きです。 TSMファイル2 - C#ATIA作業スペース切り替え方法が、こちらに記載されていました。 Solved: Re: Change workspace - Autodesk Community itemByIdメソッドと作業スペースID名でWorkSpaceを取得し、アクティブに すれば良いようです。作業…

TSMファイル2

こちらの続きです。 TSMファイル1 - C#ATIAコメントに思い付きを書いたので修正してみました。 #Fusion Python #TSM Import Test import adsk.core, adsk.fusion, traceback def run(context): try: path = r'C:\temp\tsm_test.tsm' app = adsk.core.Applica…

TSMファイル1

こちらにチラッと記載したので、簡単なテストをしてみました。 解決済み: Re: tsmファイルのデータ形式について - Autodesk CommunityTSMファイルはFusion360のスカルプトのフォーマットの様です。 (サーフェス・ソリッドになったものはBrepになるのかな?…

スケッチのスピードテスト2

こちらの続きです。 スケッチのスピードテスト - C#ATIA先日のUpdateで、以前の最後の方に記載した 「”点の表示” をOFFにすることで速度向上することがわかっておりAPIで操作出来ないか?」 が実装されました。 それのテストです。今回は自宅の非力なPCでの…

fscad

ちょっと前にFusion360APIのフォーラムにあったトピなのですが 少し気になりました。 fscad - A framework for programmatic CAD in Fusion 360 - Autodesk Community説明書きを読んだ感じでは、途中の作業を自作したプログラムで処理し 最後に出来上がった…

3Dな線のエクスポート2

こちらの続きです。 3Dな線のエクスポート1 - C#ATIAこちらにUpしましたが、、、 Re: 3Dな線を3DCAD中間ファイルでエクスポートする - Autodesk Community 結局大して修正しませんでした。 ・自己交差している要素がある場合でもエラー回避 ・日本語設定以外…

3Dな線のエクスポート1

こちらの続きです。 3Dな線のエクスポート考え中 - C#ATIAコメント欄にも書いたのですが、行列の積は交換法則成り立たないんですね。 行列の積の交換法則 | 高校数学応援ブログ web問題集 スケッチ位置を変換してから、オカレンスの位置を変換にしたら上手く…

3Dな線のエクスポート考え中

中々時間の確保が出来ないので、Blogに書けそうなことは何もしていませんが 少し前にこちらをフォーラムに記載しました。3Dな線を3DCAD中間ファイルでエクスポートする - Autodesk Communityこれ自体を探していたのではなく "3D間違い探しを解く" をもっと早…

3D間違い探しを解く2

こちらの続きです。 3D間違い探しを解く1 - C#ATIAもうちょっと修正したかったのですが、時間の確保が出来なくなりそうな為 公開しておきます。 #FusionAPI_python FindUnmatchedFaces Ver0.0.1 #Author-kantoku #Description-3D間違い探しを解く import ads…

カスタムグラフィックを削除する

Fusion360には、画面上に要素(面・線等)を表示させる方法が複数あります。その内のひとつにカスタムグラフィックと言う機能が有り、 通常のBRepBody等を作成するより、素早く画面上に表示させます。 ・・・APIのHelpのエラーが酷く、リンクさせることが出…

3D間違い探しを解く1

少し使い物になりそうな感じになってきたので、予告。以前CATIA用に作ったこちらを、Fusion360でも出来ないか? と模索中です。 二つのボディ/形状セットを比較して、差分を抽出する2 - C#ATIA こんな感じの二つのBodyがあります。・・・昔、GrabCADから頂きました…

オフセット面の作成場所3

小出しになっちゃいますが、こちらの続きです。 オフセット面の作成場所2 - C#ATIAルートコンポーネントのアクティブ化がわからなかったのですが、 Designオブジェクトに、そのままズバリのネーミングな activateRootComponentメソッドがありました。 ん~こ…